重要なお知らせエリアを非表示

上品な甘さとシャキシャキ感。
秋の贈り物に。
豊橋産 次郎柿

守り、続けながら
変えていく
100年続く豊橋市の次郎柿栽培

守り、続けながら変えていく。

しげはら農園のある愛知県豊橋市は、次郎柿の栽培の歴史が100年以上あり生産量日本一の産地です。
しかし後継者不足、高齢化は深刻です。皆んな口を揃えて「柿は儲からん、柿じゃ食べていけない。」と言います。そんな環境で柿農家になりたい若者も居ません。
僕達は100年続く柿栽培を守りながら、もう一度豊橋が柿で盛り上がるように変わっていきます。
柿栽培の事、柿への思いを伝えお客さん1人1人へ届けていきます。

Feature 美味しさ3つの理由

  • 01

    甘柿の王様

    次郎柿という品種
    次郎柿はすべてが甘い甘柿。
    同じ甘柿でよく比べられるのが富有柿。富有柿は丸っぽく、食感は柔らかく、果汁が多いです。
    対して次郎柿は果汁が少なく、シャキシャキとした食感で柿が苦手な方にもおすすめです。
    ほとんど種が無いので食べやすく料理にも使いやすいです。
  • 02

    石巻の自然の恵み

    柿栽培に適した土地
    しげはら農園のある愛知県豊橋市の石巻地区は次郎柿の日本有数の産地であり、100年以上の栽培の歴史があります。
    果樹栽培に適した土地であり水資源も豊かです。
    100年の歴史の中で育まれた先人の知恵と工夫が詰まった栽培技術も次郎柿の美味しさを支えています。
  • 03

    適期適作業

    着果量の制限
    味、品質共に良い柿を作るには木1本当たりの実の数を制限してやらなければなりません。
    蕾、花、果実のそれぞれの時期に適切な個数に間引き作業を行っています。
    美味しい柿をお届けするために必要以上に面積拡大せず適期適作業をこころがけています。
PickUpエリアを非表示

Blogブログ